クック諸島基本情報

ラロトンガ島とアイツタキ島

クック諸島(Cook Islands)は、南太平洋ポリネシアに点在する15の島と環礁からなる島国です。
首都アバルアがあるのがクック諸島・最大の島「ラロトンガ島」、美しいラグーンが有名な「アイツタキ島」がよく知られています。
▼サムネイルをクリックすると写真が拡大表示されます

クック諸島最大の島・ラロトンガ島(RAROTONGA)

日本人の海外旅行も成熟し、世界中のどこでも日本人観光客を目にするようになりました。しかし、ここラロトンガでは日本人観光客に遭遇する可能性は極めて低く、年間の日本人旅行者はわずか150名ほど。
そんなラロトンガ島は、「太平洋の真珠」と呼ばれるほどの美しい島です。
この周囲32Kmの円形の島は、クック諸島で唯一高い火山の島で、最高峰・テマンガ山(Mt Te Managa/標高653m)をはじめ、400m~600m級の山々が連なります。海上から眺める山々の景色は息を飲むほど美しく、海の綺麗さもさることながら山々の景色も楽しめます。
島の周囲は珊瑚礁に囲まれた美しいラグーンが広がります。
島で一番といわれるムリビーチでは、シュノーケリングで珊瑚礁と色とりどりの魚の姿などが楽しめます。

際立った美しさを誇る・アイツタキ島(AITUTAKI)

ラロトンガ島より国内線でわずか50分でアイツタキ島へ到着です。
着陸10分前ほどになると、美しいラグーンに囲まれたアイツタキ島が見えてきますので、カメラの準備をお忘れなく。
上空からは、美しい緑が生い茂るアイツタキ本島とそれを縁取る真っ白な砂浜、まわりに点在する小さな無人島の数々…そして全体を大きく囲むターコイスブルーのラグーンがとても綺麗です。
ニュージーランド人のハネムーナーに絶大なる人気を誇るのも納得の美しさ!
人口わずか2000人のこの島を訪れる日本人は、1年でわずか100人足らず。
実にもったいない話です。いえいえ、逆に秘密の場所として隠しておきたい気も…。
アイツタキに来たら、是非「ビショップクルーズ」に参加して美しいラグーンを満喫して頂きたい。
「地球上にこんな綺麗な海があったのか・・・。」と思うこと間違いなしです!
ラロトンガからアイツタキへの日帰りツアーもありますが、せっかくですからアイツタキ島にも宿泊して、最後の楽園と呼ばれるクック諸島を存分に楽しんでください!

このページのTOPへ▲

基本情報

正式国名 地域名:クック諸島(Cook Islands)
国旗 イギリスのユニオンジャックに、15の島を表す15個の星
クック諸島の国旗
面積 約237平方キロメートル(ほぼ徳之島の面積)
人口 18,000人
首都 ラロトンガ島アヴァルア(Avarua)
民族 ポリネシア系(クック諸島マオリ族)91%、混血ポリネシア系4%
主要言語 クック諸島マオリ語、英語(共に公用語)
宗教 キリスト教97.8%(クック諸島教会派69%、ローマ・カトリック15%等)
略史 ▼ 1595年
スペイン人により発見される。
▼ 1773~1777年
英国探検家クック上陸・調査。(後にクック諸島と名づけられる)
▼ 1888年
英国の属領となる。
▼ 1901年
ニュージーランドの属領となる。
▼ 1965年
内政自治権を獲得し、ニュージーランドとの自由連合へ移行。
その他 ◆ 南太平洋のほぼ真ん中
◆ 赤道からの距離は、ハワイとほぼ同じ
◆ 15の島から成り立つ国
◆ ニュージーランドと自由連合制
◆ 国民はニュージーランドパスポートを所有
◆ 低いサンゴ島の北グループ
◆ 隆起した火山の南グループ

このページのTOPへ▲

グローバルネット・ニュージーランド(Global Net New Zealand Ltd.)
Level 5, Southern Cross Building, 59 High Street, Auckland
Tel: 09 281 2143 Fax: 09 366 1946
Mail: sales@globalnetnz.com